Sawada-Audio 音楽ブログ///大阪府富田林市のピュアオーディオ専門店///
店主澤田が日常を気ままに綴っています。
「オーディオ」を中心に、音楽全般に関する色んなことを紹介します。
また店舗を兼ねたプライベートホールで行うコンサート情報も。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
和歌山、奈良から友きたる・・・ 08:13
♪春が来た、春が来た♪、、花粉も来た、、♪

日に日に春の気配が変っていく潮騒の和歌山と、古都奈良から偶然同じ時間帯に友が来る。
一面菜の花の黄色は元気な友の色。

元気な友が訪ねてくれる、、、
うれしいな、、ありがたいな、、
楽しみな午後、、
 
| オーディオ | comments(0) | trackbacks(0) | posted by sawada-audio -
テクニクスが仲間入り・・・ 18:47
オーディオルームで鳴らしているスピーカーユニットの出身地は、、
タンノイはイギリス、、スキャンスピークの歌麿はデンマーク、、
鳴らしていない休眠中のJBLやマーチンローガンはアメリカ、

スピーカーユニットで日本のものがテクニクス、ビクターなどが手付かずで休眠中。

テクニクスを鳴らしてみたが、まじめで良くできた標準品。
よく鳴るがsawadaタンノイや歌麿と鳴り方が違うので、音のにじみやあいまいな描写が気になり、
ソースが限定される。
箱の内部だけ手を少し入れて聴きやすくした。
痴呆症が改善したように生き生きとクリアーになった。

部屋が狭いのでタンノイの上に重ねた。







かなり良くなったが、音楽をじっくり聴こうと思うとやはりタンノイや歌麿を選ぶ。

黒いカラスのようなので、もう一段と手を加えて仲間入りしてもらっても良いほどの音になれば、
色を塗り替えて雰囲気を変えて遊んでみたい。

和歌山のwakimotoタンノイも調子よく鳴ってくれているようでよかった。
メールをいただいた。
*******************************************
Sent: Monday, March 23, 2015 3:31 PM
To: Sawada-Audio さわだ
Subject: 金曜日午後?

澤田さん
この金曜日午後にお伺いしたいのですがご都合はいかがですか?電車でいきます、夕方堺で友人と会う予定となってます。
聴いてます!やはり素晴らしいです。部屋の問題点も明らかになり、徐々に解決してます。
脇本

iPhoneから送信
*******************************************
オーディオでつながっている脇本さんから、とても良い事を教えてもらって毎朝実行している。
wakimoto野菜ジュースだ。
小松菜、セロリ、レモン、りんご、バナナ、調味料は一切なし、水だけ加えてジューサーで30秒。
このwakimoto野菜ジュースが欠かせなくなっている。
皆さんにお勧めしたい。

が、庭の小松菜は菜の花になったので明日からは使えない。




 
| オーディオ | comments(0) | trackbacks(0) | posted by sawada-audio -
どうぞsawadaスピーカーを聴きにお越しください・・・ 11:13
タンノイ同軸型2wayスピーカーユニットは、小口径から大口径といわれるものまでアルニコ、
フェライトなどのマグネットのちがいや、ダイヤフラム、エッジの違いはあっても、
いろいろな形で世界中で愛用されている。
sawadaタンノイとしてはHPD385Aをたまたま使っていますが、
どのユニットも同じような特徴を持っている。
もう40年も使っているが、まだ現役。
極めた付加価値でsawada サウンドにまとめている。

もう一方の歌麿は、デンマーク製のスキャンスピークの信頼性の高い音楽性を持つユニットを、
同じく独自設計でまとめ上げ、完成度を上げてお聴きいただいている。

平均的な日本の家庭事情に合わせるように、比較的至近距離で鳴らしているので、音の比較がしやすい。
まったく違う物理特性であるが、座っていただいて音を出すと、
どちらのスピーカーが鳴っているのか分からないほど音質は良く似ている。
まったく別物だけど音楽性が類似している。

お気に入りの音楽ソフトをお持ちになり、両方の音を切り替えて
聴いていただき、いろいろな音楽・オーディオファンの嗜好を調べさせていただきたい。

ご面倒でもご愛用のスピーカーを搬入いただいて比較させていただくことも楽しい。

ご一報をお待ちしている。
| オーディオ | comments(0) | trackbacks(0) | posted by sawada-audio -
懐かしい友のご感想・・・ 13:56
一昨日は旧友と過ごせた楽しい時間だったが、

三重県の中根さんからご愛用のシステムの写真とコメントをお寄せいただいた。
ありがたいことで、感謝の気持ちをこめてご報告しよう、、

*******************************************************

昨日は素晴らしい音を聴かせていただき、「耳福」にあずかった日となりました。また
美味しいケーキやコーヒーも用意していただき、ありがとうございました。
しかし、何よりも嬉しかったのは、30数年ぶりにお会いした澤田さんが、昔と少しも
変わらず、心身とも若々しく良い音を追求されていることでした。

タンノイを中心に聴かせていただきましたが、かれこれ40年前のユニットにもかかわ
らず、現代のソースをあれほどの音を奏でるとは、感服しました。
音の感想のようなものを思いつくままにいくつか挙げてみると、うまく表現できません
が、くぐもりや混濁のないストレートな音、歌手や楽器の表現やタッチのニュアンスまで
描き出す分解能、賑やかな曲を大きめな音量でかけてうるささを感じさせない音、そんな
言葉がまず出てきます。また、曲にかかわらず、どこかわずかに硬派な一本芯の通ったア
イデンティティのようなものも感じました。
今風のハイテクを謳ったスピーカーがたくさんありますが、スピーカーの真価(あるいは
進化)とは何かと考えさせられました。
今回は時間が限られていたため、次々と曲をかえて聴くだけに終始しましたが、次の機
会には、ぜひ澤田さんのお話しも伺いたいと思っています。
どうもありがとうございました。

なお、自宅の装置は、SPがJBLの「S4600」、アンプがアキュフェーズの「C
−2120」+「P−4200」、CDがアキュフェーズの「DP−510」です。


     +--------------------------------------+
     |  NAKANE,Maho(中根 真帆) |
     |  512-****0934 四日市市*********
     |  TEL 059-********* FAX 059-*********
     +--------------------------------------+
**************************************************************
ありがとうございます。
JBLの間に見える白い平板はマグネパンの平板スピーカーかなと一瞬思ったが、
音響調整用の反射板ということが分かる。
コーナーにはダークな吸音体も加えられて、ルームアコースティックに万全を期されているご様子が分かる。
ゆっくりくつろいで楽しめる雰囲気。コンサートホールの狭い窮屈ないすと違って、
居心地のよさそうなVIPのいすにも魅力を感じる。
座って聴いてみたいな、、
どんな音かな、、
遊びに行きたいな、、
 
| sawada audio & cafe | comments(0) | trackbacks(0) | posted by sawada-audio -
懐かしい友のご報告・・・ 11:08
葉山さんからお部屋の写真とご感想も添えて、その日の夜ごていねいにお知らせいただいた。
ブログへのご紹介もご了承いただいたのでご紹介させていただく。

装置を拝見して大変なご苦労があったことがわかるが、その苦しみが楽しみになり、
人生の重要な時間をともに過ごされている様子が伝わり、
オーディオって楽しいね、、と思う。
*********************************************************
 
差出人: "Tosiyuki Hayama" <********************>
日時: 2015年3月13日 22:27:10 JST
宛先: "Sawada Audio" <info@sawada-audio.com>
件名: Re: sawada audioです  2015.3.13

 本日は、お邪魔させていただき、ありがとうございました。
美味しいケーキ・コーヒーと共に素晴らしい音楽、本当にありがとうございました。

いろいろ聴かせていただきましたが、私にとっては、「Misty」のあのピアノタッチ、
どこまでも突き抜けるような高音がすべてでした。
今まで聴いた中で、最高です。
もっとゆっくりしたかったのですが、何しろ「友、遠方より来たる」で、残念でした。
帰りに、「澤田さんは、昔と全然変わっていないな。」と二人で話をしていました。
大変失礼ながら、「オーディオに対する熱い思いは、不変です。」
4月になりましたら、お時間のある時に我が家まで来ていただき、
実際音を聴いていただきたいと思います。よろしくお願いします。

追伸、添付写真と共に再生装置の説明をさせていただきます。
    ・スピーカー:TANNOY Arden Mk-供3828)、JBL LE8T-H
    ・アンプ:UESUGI U-Bros-1   エアータイト ATM-2(KT88)、
          McIntosh MA6800(プリメインアンプ)
    ・CDプレーヤー:アキュフェーズ DP510
   ・アナログプレーヤー:マイクロ フルチョイス1500 (砲金、バキューム、糸ドライブ)
                 アーム FR64S
                                カートリッジ 光悦、オーディオ・テクニカ ART2000、DL-103R 







翌朝、葉山さんから装置の補足説明をいただいた。ご一緒された中根さんたちと、あの御嶽山で、
大事故直前にキャンプされていたとか、、
数百年後にミイラで発見されずに良かった。

****************************************************************************
  おはようございます。昨日は本当にありがとうございました。
これで、Ardenのこれからの方向性が見えてきたように思います。
 
 さて、我が家のオーディオ装置で、スーパーツイーター等の説明が抜けていました。
丁度メールでお知らせしようと思っていた所です。







二人ともリタイヤしていますが、
中学校での教科は、私が理科で中根さんが博識の社会科です。堺の中学校に同じ年に採用
され同じ学年に配属され、仲良くなった訳です。オーディオのみならず、もう1人の元同僚と
3人で年に数回、鉄道の旅や、夏はテントを車に積んでキャンプに行きます。因みに、あの御嶽山
にも噴火の1か月前にキャンプに行ってました。
 それからイスですが、私の物の方が最近買った物なので、皆様の参考になると思います。
 ・スーパーツイーター:タンノイ ST-200(税抜280,000円) 上質なウォルナット仕上げ、
               金メッキ処理、オーディオ装置というよりは、工芸品ですね。
               カットオフ周波数3ポジション、出力レベル5ポジションで設定可能
                Ardenでは、カットオフ周波数14.0kHz、出力レベル92.0dBで使用
               します。置く位置は、スピーカーエッジから13.0cmと説明され、ゲージ
               まで付いています。
 ・JBL  LE8T-H は、サンスイの指定箱 EC-30 に収納しています。JBL の大型ブックシェルフ用
   スチールスタンド JS-360 (1本 26.0kg )の上に設置しています。
    
 ・ラック収納の装置は、すべて「サンシャイン製のMg超薄型制振シート(Mgシールド製
       アーシングコード付)」 の上に設置しています。
 ・イスは、老舗のカリモク製 「プレミアムチェアー RU73  (色はスコッチブラウンにしました。人気は、
      ビターブラウンだそうです。)」 オットマンも同時に注文しました。わざわざ関西ショールーム
      まで見に行きました。
 
 それでは、また4月にお待ちしています。 失礼します。

*****************************************************************************************

 
〒593-****
  堺市西区*************
     葉山 俊之
  TEL:072************


 
| オーディオ | comments(0) | trackbacks(0) | posted by sawada-audio -
| 1/274 | >>