Sawada-Audio 音楽ブログ///大阪府富田林市のピュアオーディオ専門店///
店主澤田が日常を気ままに綴っています。
「オーディオ」を中心に、音楽全般に関する色んなことを紹介します。
また店舗を兼ねたプライベートホールで行うコンサート情報も。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
東京の人供ΑΑ 09:37
大沢さんからつづいて写真が送られてきた。
オーディオルームに遊びにお邪魔した気がして楽しい。
タンノイ系、アルテック系にブックシェルフ型のスピーカーが見える。
ユニットや動作形は分かりにくいのでご説明を待ちたい。

増幅系には真空管式アンプがお好みのご様子、、


先日造り酒蔵へお友達と遊びに行かれた時に、できたての生吟醸をちょっといっぱい、
ほろ酔い気分の大沢さんのシアワセポートレートも添えていただいた。

小林一茶のような親しみを感じる。
メールに添えていただいた写真とコメントが楽しい、、
東京においておくのが惜しいような、吉本に紹介したい気がする。
*******************************************
私の、おこずかいは月に1万円ですので、
別にオーディオや遊びのために銅や純金のバスレフポートに500円玉貯金をやっております。

すずめの子 どんどん運んで 銭たまる、、 
 
500円玉を作るには、どんどんお金を使って、おつりをもらうようにしなければなりません。
缶にいっぱいになると、約10万円になります。10本で100万円です。
なかなか貯まらないな・・・・
サワダオーディオに行きたい。
行って、音楽を聴きたい。
 
今、老人家庭の庭の剪定から帰ってきたところです。
今日は、穏やかな晴天で、快適に作業ができました。
自分へのご褒美に銘酒をいっぱいやるのでなかなかたまらないのです。
 
オーディオは、
音楽好きと工作好きの相乗効果で、手作りの道を歩んでいるところです。
ラックを、サワダオーディオのようにハンギングにしたいな、とは思いますが、
写真で拝見すると、薄い合板(?)で、丸棒に通して吊っているのでしょうか?
板厚は、薄い方がよいのかな? などと、いろいろとわからないことがあります。
LP再生は、写真のものは、カートリッジの取り付けに問題があり、まだ試みておらず、
多分、おっしゃられるとおり、ラックなど問題がたくさんありそうです。
考えてみれば、これまで、CDを含めて、満足のいく音で鳴ったことは、一度もない・・・
やはり、サワダオーディオを聴いてみなければの思いが強くなります。
**************************************************
大沢さんのメールを拝見していると、
ボランティアとご趣味、、おだやかで楽しそうな人生が想像できる。

当店の階上の、今は休憩中の音楽室のラックをご参考にされていたのでうれしいが、、
ぼくもハンギングの音質は気に入っていた。
ただ応急に作ったので見た目は悪かった。
ラックの中にラックを作る考えだ。
側板の上部でインナーラック全体を丸棒で一点吊りして床と縁を切り、
インナーラックの各棚板もインナーラックの側板と縁を切り、ステンレスワイヤーでインナー側板上部で個別に吊るダブルハンギング。
音楽を聴きながら、さらに勘所を押さえてバランスをとっていた。

床がたたみやじゅうたん、左右の音響条件が異なるリスニングルームで昔実験して見つけた方法。
しかし今の狭い階下には運ばず、市販のラックを倉庫から出してきて間に合わせで使っている。

大沢さんは麻ひもでハンギングされているそうだが、それはそれでよい点はあると思う。
床からと空気振動で浮かすメリットとゆれるデメリット?が考えられるので、お気に入りポイントを見つければよい。
自分だけの音を探す楽しみはある。

レコードの掃除、ごみ取りを木工ボンドで試すのは面倒だが美人になる。
ぼくも昔は試みた。だいじなレコードに施して内袋も新しいのにとり替えた。

しかし今は聴きたいレコードに手が伸びて木工ボンドでは間に合わないので、流水でサッと洗ってスポンジで吸い取り、
乾いた日本タオルで拭くだけで十分間に合っている。

話が続きそうだ、、楽しいな、、


 
| オーディオ | comments(0) | trackbacks(0) | posted by sawada-audio -
東京の人・・・ 21:19
知らない人から産地特産物をお送りいただいたことがあった。
音楽ブログをごらんいただいていたことが分かり、結局一度もお会いすることがなかったが北陸のお方だった。

じい〜んとうれしさががこみ上げたのを思い出すが、今回も東京のお方からブログをごらんいただいていたようで、
メールをいただいていた。ぼくよりもお若いようだが同世代のお方かもしれないが、オーディオでそれこそ泥沼につかりながら、情熱を持って良い音を作り上げて自分の幸せなひと時を持ちたいと思うところが共通していて、出会いを振り返ると
ブログを続けていて良かったと思う。

かなりのベテランと想像したので、写真を送っていただけるかお願いしてみた。

先日お送りいただいて、ブログでご紹介させていただくご了解もいただいたが、サイズが大きすぎたのか力が足らず取り込めなかったので、再度お送りいただいた。
とりあえず写真だけでも、、

レコード再生に注力されていることはメールで分かったが、やはり写真を拝見してにんまりと笑みがこぼれる。
とても良い点と問題点がプレーヤーを拝見しただけで想像がつく。この想像が楽しい。

レコードプレーヤーもラックも自作品と想像がつく。
只者ではないな、、。
おぬしやる、、
と思ったがこのラックの上にこのプレーヤーを載せただけでは音に問題があることも何点か想像できる。
聴いていないのに無責任なことはいえないが、経験から来る勘所は大体当たる。
うちと同じDENONのDL103だし親しみが沸く。

余計な付帯音がついて重心が上がって音がにぎやかになる気がするが、ご本人のご満足に傷をつけるようではだめだな、、。
逆にこれでものすごく良い音が出ているなら師匠に教えを請いたい。
続いてメールをいただいた。

*********************************
澤田さん

お元気でしょうか。
ブログが更新されていないので、心配しています。
お体ご自愛ください。

澤田さんに習って、プリアンプ、パワーアンプを
吊ってみました(写真は後ほど送ります。)。
音にふくらみが出てきました。
なかなかいい感じです。
次には、CDプレーヤーも吊ってみようと思います。

ありがとうございます。
 
LPプレーヤーはこの写真のようなものです。
キットに近いものを、組み立てました。
カートリッジは、DL103です。
イコライザーは、キットを自作しました。
カートリッジの取り付けがうまくいっていないような気がするのと、
レコードのクリーニングができていないので、現在休眠中です。
このほかに、古いものですが、テクニクスのDDドライブSL1200があります。
こちらも休眠中です。甦らそうと、思っていますが。
レコードのクリーニングは、木工ボンドによる方法を試してみようかと・・
仕事が遅い大沢工務店ですので、なかなか進んでいません。
オーディオは、少しでも手を入れると音が変わるので、
それがよい方向に向かっているのか、そうでないのか、判断が難しいですね。
*********************************************************
写真とメール、ありがとうございます。
プレーヤーだけでも拝見できて楽しいです。ご苦労のあとがしのばれます。
ぜひスピーカーやアンプ系も写真をお見せください。空想が広がりますし、
このブログをご覧いただいている方々にも見えないところでつながればありがたいことです。

気の向くままにストレスのない音作りで好きな音楽を聴ければそれでいいと思いますが、そのことが実は大変なことですね。
世の中に音の指標がほとんどないからです。わずかにコンサートライブと、オーディオを通した過去の名演奏が基準になるだけで、究められた現場に出会うことがほとんどないのが現実です。
特に録音再生の電気を扱うホールの現場のプロでも、大きな音に耳がつぶれて軟聴になっている人も多く見かけるし、
異常に大きすぎる音量で聞かせるホールのライブも変ですし、担当者のバランス感覚にも疑問だらけです。
マイクを使わないほうが良い音なのに、あえてサービス過剰になって大なしにしているライブが多い。
マイクの使い方や録音されたものを聴いても、プロでも音楽がわかっていない人がいっぱいいることが分かるし、頼れるのは自分の耳だけだと思えることが多い。マイクを使わないクラシック音楽のコンサートに行くことになるが、心から良い音だったと思えるとは限らない。音楽はすばらしいことなのに、出会う度に完成度が低くてがっかりするのも音楽です。逆にライブなればこそ、と言うすばらしい出会いがあると満足できる。

きっと大沢さんもぼくも、完成度が低くなりやすい音の形を、同じやるなら自分の人生だから思い切り楽しまないと損、
と言うことで自分の世界探し、機材の選択を自分に合わせて深みに入っていく楽しみを見つけようとしているのだと思います。自己責任で知的好奇心を満たしたいというところでしょうか、、
ぼくの場合、もうじき人生が終わると思うと、ますます音楽と付き合って音も磨いていきたいと願いますね、、。

大沢さんとの出会いに感謝しながら、ずいぶん変なオーディオ店と思われているかもしれない。

 
| オーディオ | comments(0) | trackbacks(0) | posted by sawada-audio -
その後の沼田さん・・・ 08:04
ブログでご紹介することではないかもしれないが、
オーディオ交流がずうと続いているので、親しみから近況を記したい。
奥様のご理解に守られ、、ご自身の身の丈にあった趣味のオーディオやウオーキングを楽しみ、
しかし、ふとふりかえられる。
 
****************************************************
澤田様

こんにちわ。今日は自宅から歩いて信貴山のケーブル
跡を一気の登り、山門から三郷まで下って大和川沿い
に山手を国分に向かい、再度信貴山を目指し空鉢護法
まで登り詰め、平群に下り電車バスで帰宅しました。
32km位でしょうか、トイレと弁当以外は休まずで
約6時間かかりました。
ところで、昨夜今回購入アンプの最終章になりますが、
インフラノイズのプリとラッフェルのパワーを繋ぎま
した。三菱の6半は意外とおとなしく繊細で細かい音
が聴こえますが、ちょっと期待外れです。パイオニア
M25の方が張出とエネルギー感があります。
スピーカーをフォステックスの208Σに変えてみま
した。このスピーカは今まで音が濁りうるさく耳障り
なのでお蔵入りにしていました。ひよっとしておとな
しくなってよくなるのではと思った次第です。
期待通り、様変わりの音になりました。今まで何故に
長岡鉄男さんがこのスピーカーを寵愛されていたのか
理解できませんでしたが、どうやら当方のアンプが
お粗末であったためと理解しました。
しかし、小遣いの範囲とはいえ家庭平和のためにこれ
以上のお金を装置に(いつも置場で口論が絶えません)
費やすのは暫くお預けします。今までこつこつ集めた
8インチスピーカーを定期的に取り替えて楽しみたい
と思います。40年以上こつこつ集めたLP・CDも
4000枚以上になりましたので、聴いてやりたいと
思います。年金生活がもう目の前です。
****************************************************

良い奥様、ご家族に恵まれて沼田さんは幸せだ。
少し気を使っても好きなことを結局はこれからも続けられるだろう。
中途半端な趣味なら中途半端でよいが、音を楽しむことが自分の分身のようになると、
中途半端な入魂は人生に悔いを残すことになる。
徹底的にやっていただきたい。

沼田さん同様趣味でつながっている友があちこちにいてくれるのが楽しい。
まだお会いしたことがないが、ブログをごらんいただいている東京のお方からメールをいただき、
写真で装置のご紹介をいただいた。
ブログで少しだけご紹介しても良いお許しをいただいたのでご紹介したくなる、、、

しかしメールで送られてきた写真のアップができない。
どうしてかな、、?
日常ではJPEGイメージで取り込んでいるが、そうして取り込んだがビットマップイメージと表示が出て、
MIMEタイムが不正と警告が出る、、?
ITオンチのぼくにはやり方がわからないので保留とする。

アイフォン6、三回目のアイフォンだが、先日買い換えて一週間は使えたのに一昨日、
急に電話もメールも使えなくなった。画面が真っ黒になって再起動も何もきかなくなったが、アイフォンサービスに家の電話で質問してやっと解決。初期不良だった。
機械は人を超えるが、ひとつ狂うとどうしようもなくなる。
人間でよかった。
 
| オーディオ | comments(0) | trackbacks(0) | posted by sawada-audio -
カラヤンの新世界と未完成・・・ 10:45
山中さんのリクエストは久しぶりにsawadaタンノイで、、



柿をむく手を止めて一緒に聴いた。
二曲とも音も演奏もいうことなしの良い仕上がり、、。
新世界はドボルザークも8番のシンフォニー、ピアノトリオの「ドムキー」などと共に絶頂期の作品なので
何度聴いても聴き応えがある。
未完成も劣らず天上の美をカラヤンが演出。
カラヤンのよさを再確認。カラヤン全集がほしくなった。
山中さん、、
「久しぶりに聴いたタンノイ、、歌麿と同じ音で、やはりオーケストラは家ではこうは鳴らない。
小編成ものはうちでも満足して聴いているが、
立体感と小さい音までクリアーに聴けるのがすばらしく、sawadaの音やなあと思います。
気持ち良く聴けました。
このところストレスも多く睡眠が浅いので疲れ気味、、
神経がほぐれたのか、めずらしく眠てしまった。
新世界も未完成も聴きながら途中から深い眠りに入ってしまって、眠りの美女に、、
途中で気がついて音楽と混じって夢の中、、
いい気持ちでした。」
 
| sawada audio & cafe | comments(0) | trackbacks(0) | posted by sawada-audio -
アンプ持参で初ご来店・・・ 10:02
オーディオ店のご紹介で、修理依頼したアンプがメーカーから修理不能で返ってきたので、ご担当者からダメモトで
当店をご紹介いただいた。
はじめての人で、マランツのプリメインアンプをお持ちになった。
古い機種で、オーディオに限らず電化製品は人材不足と新品を売りたいからか、日本のものづくりのプライドは近年なくなっている。EUの老舗の時計メーカーをたとえると、会社は廃業したけど職人はプライドを失わず修理窓口を作って、世界中の愛用者のメンテを引き受けている例から、何か日本は軽くなったなあと思う。直す奉仕の精神があれば、電化製品は簡単に直ることが多いし、部品がなければ互換性のあるパーツを使えばよいし、転用できる部品も何とかなるはずだが、誠意の問題だろう。あるいははじめから壊れたら廃棄、そんなによいものをはじめから作っていないコスト競争だけかもしれない。
コンビニ、スーパーの売れ残った弁当の行き先とどこか似ている。

ぼくは自分が使うものだけ自信のある勘所数点を改造して良い音に近づけることはするが、
それは必ず音が良くなるポイントを知っているから自己責任でそうなっていない機材は改造できる。
だが人様のものには手を付けない。
スピーカーなどを購入いただいたお客さんの機材の気になる点は、了解を得て音を良くすることで対策することはあるが
まれである。

ぼくは電気屋でないので分からないが、症状を聞いてから中をあけてみた。
ふーん、、

何でこんなことでメーカーが受け付けないのか分からない、不誠実不親切そのもの。
この基板を取り替えれば修理が進む手順が見えてくる。部品がなければどう対応するかだ。
しばらく預かることにした。

クラシックは聴かれないが、ジャズやロックが大好きで、先週も東京出張の時、六本木のうわさのジャズオーディオ店に行かれた。
ご持参愛聴盤をリクエスト。




のどがつぶれた渋い男性ソロヴォーカル。
でも最近のチャラちゃらした軽い音楽ではなく、歌がうまいのでなかなか楽しめる。

シャイなお人で顔写真はだめだったが、手入れの行き届いたあごひげが印象的、、。
うしろからだとよいと、、。NTさん。
良い腕時計をしていた。時計修理の国家資格をお持ちだとか、、。

アイフォンのケースもチタン製のこだわりが、、。片面にミラー。ずっしりと重い。

トム・ウエイツの歌、、すばらしい!と絶賛いただいた。
学生時代からずうっと聴いているレコードだと、、。
六本木のジャズ喫茶と同じ音だという。
一本300万のJBLスピーカーだといったが、うちのはsawada タンノイ。
そうかな、、こんなに鳴ってかな、、
もしこのレコードご持参だったら、emiの逆相録音なのでそのように対応しないと鳴らないはずだけど、、。

スタンリークラークの演奏と、アーロン・ネヴィルのうまい歌を聴いてもらった。
ほんと、、釘付けになって聴かれていた。
ご自宅ではJBLとプリはマッキン、パワーは三菱、ダイヤトーンの縦型プレーヤー、、


マッキントッシュのアンプも診てほしいので今度持ってきますと、、
アパレルが専門のお客さんだったが、面白い出会いだった。

 
| sawada audio & cafe | comments(0) | trackbacks(0) | posted by sawada-audio -
| 1/263 | >>